負担が軽い

レーザー脱毛で気にする人が多いのは、やけどを起こしてしまうリスクがあるということです。医療脱毛の場合、万が一やけどしてしまったとしても、医療機関での施術のためすぐに的確な処置がほどこされる安心感がありますが、アポジーエリートはそもそもやけどのリスク自体が低減されているレーザー機器なのです。また、レーザー脱毛の痛みが不安で、施術を受けることにためらいを感じる人も多いでしょう。アポジーエリートは、この点にも強みがあります。

アポジーエリートには、強力な皮膚冷却装置が搭載されています。レーザーをあてる前後、あてている最中にマイナス30℃の内部冷却エアーを送ることで、脱毛箇所を素早く冷やすことが可能です。また、レーザーの照射を行なうところにマイナス4℃の冷気をあてることが可能であり、これによってレーザー照射によって起こり得る事故であるやけど、痛みのリスクから皮膚が保護されます。

そのほか、従来式のレーザー脱毛のマシンでは、レーザーをあてる前には必ず冷却ジェルを塗ります。アポジーエリートの場合には、前述した強力皮膚冷却装置が搭載されているため、冷却ジェルは不要です。ジェルに対するアレルギー反応が出る心配もなく、ジェルを塗布するための時間がなくなり、施術がその分、早く終わることになります。